胸ニキビ 治し方

デコルテニキビ・胸ニキビの治し方とは

首や胸元の美しさが出る夏の服装やサマードレスでは、
胸ニキビやデコルテニキビは致命的に肌の美しさを損ねてしまいます。
その治し方についてあれこれ考えている人も多いと思いますが、
有効な栄養成分についてご紹介したいと思います。

 

この部分だけに限らず、全身のニキビに対して効果的と言われる成分があり、
それがビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどです。

 

ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれている成分ですが、
肌の免疫力を高め、外部からの刺激から肌を守ってくれる効果があります。

 

ビタミンB2は皮膚の皮脂の分泌を正常化する働きがあり、
納豆などの大豆食品、牛乳、ウナギなどに多く含まれています。

 

ビタミンB6は肌の新陳代謝をサポートし、また抗炎症作用を持っていますので、
ニキビの悪化を防ぎ、回復を助ける働きをします。
豚肉や牛肉、鶏肉といった動物性の肉や、大豆、サツマイモに多く含まれています。

 

ビタミンB群は上記以外にも、代謝を促進する効果がありますから、
摂取した栄養分が有効に使われるために重要な栄養素だと言えます。
まとめて摂取できるビタミン剤などを使うのもニキビ対策に有効です。

 

ビタミンCはニキビによって生じるシミなどを防ぎ分解する美白効果を持ち、
また過剰な皮脂を抑えたり抗炎症作用を持っていて、肌の健康には欠かせません。
水溶性で水と一緒に流れ出ますから、体に溜めておくことはできませんが、
逆に過剰摂取の心配も少ないので毎日積極的に取り入れましょう。
レモンやブロッコリー、赤ピーマンや各種フルーツ類に多く含まれています。

 

 

体は内側から作られますから、こうした食品を日々摂取することで、
美しく健康的な肌を作ることができるようになります。
毎日のニキビ対策を、食事から是非始めてみてください。

 

ニキビを潰すと出る白い塊と液体の正体を探る

ニキビは潰してはいけないのが常識ですが、
それは分かっていても自分で潰したという人は多いようです。
ニキビを潰すと、白い塊や透明な液体が出ますが、この正体を探ってみましょう。

 

 

白い塊は皮脂の塊

ニキビを潰した時に出る白い塊は皮脂の塊です。
正常な場合、毛穴にある皮脂は古い角質とともに排出されますし、逆に毛穴に詰まります。
その状態で皮脂は固まっていないので、ニキビの毛穴から出てきます。

 

なお、ニキビは白ニキビから黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、そして紫ニキビという順に進行します。
白ニキビは皮脂の塊が毛穴にやや詰まった段階で、それが空気に触れて酸化すると、
黒ずんだ黒ニキビになり、それが悪化して炎症を起こすと赤ニキビになります。

 

さらに炎症でできた膿が皮脂と混ざると芯がある黄ニキビに進行し、
黄ニキビがさらに悪化して皮膚の内部を傷つけると紫ニキビになり、
紫ニキビは治っても肌に凸凹のクレーターが残ることがあります。

 

 

ニキビを潰した時に出る透明な液体の正体

無理矢理にニキビを潰すと白い皮脂と透明な液体が出てきます。
この液体の正体は浸出液と呼ばれる体液です。
浸出液は怪我をした傷口から出てきますが、傷口を治すために自衛本能で出てくる液体です。
なお、稀には毛細血管から血が滲み出て褐色になります。

 

浸透液は気になりますが、できればそのままにしておく方が良く、
それはニキビを潰したあとの傷口を治すからです。
ですから透明な液体は拭き取らずに、
傷口が乾燥しないようにラップで覆うなどの工夫をしてみましょう。

 

 

自分でニキビの芯を取るのは良くない

自分でニキビの芯を取るのは基本的には良くないことですが、
それは肌が炎症を起こしている時にニキビを潰すと炎症が悪化することがあるからです。
ただし、炎症を起こす手前の初期の白ニキビや黒ニキビの段階であれば
取り除くことができ、皮脂が無くなればアクネ菌が繁殖しないので、
人体が持つ免疫力でニキビが治ります。

 

ここで問題になるのは皮脂の取り除き方で、安易に考えていると、
汚れた指先についている雑菌が毛穴に入り込むリスクがあります。

 

自分でニキビの芯を取り除きたければ専用の道具を使うようにして、
針やピンセットなどは使ってはいけません。
針やピンセットはニキビの周辺の健全な肌細胞まで傷つけるリスクがあります。

 

 

ニキビ除去は皮膚科でおこなうのがベスト

なるべく皮膚科でニキビを取り除いてもらうことが望ましく、
ニキビの部位にもよりますが、顔ニキビ治療には保険が適用されますから費用も安く、
なによりも安全です。

 

なお、ニキビの芯は洗顔料では取り除くことはできないことを申し上げておきます。
適切なケアで肌が健康になればニキビは自然に治りますから、
刺激しないようにして洗顔などできちんとケアをするようにしましょう。
胸 ニキビ 治し方

 

更新履歴